僕の思考場

どうも〇きよっしーと申します。僕の思想を書いていきます。

他人に期待しない生き方

はじめに

タイトルを見て何を感じましたか?

裏切られ失望し期待できなくなってしまったのではと感じたかもしれません。

でも、実は最も自由な生き方なんです。

 

悩み

アドラー心理学では、人間の悩みはすべて対人関係の悩みであると言っています。

仕事ができないことも人からの評価だし、老いも身体が不自由になり誰かに迷惑をかけるし、死も人との別れなわけです。

確かに、最初から宇宙にただ一人で存在していれば悩むことはないでしょう。

 

では、どうやってその対人関係の悩みを乗り越えていくのかという話です。

アドラー心理学には課題の分離という重要な考え方がありますが、僕は他人に期待しないことで全てが解決するのではないかと思います。

 

こんな期待をしていませんか

こんな反応をしてくれるとか、こんな性格のはずだとか、自分を正しく評価してくれるはずという期待をして生きている人がほとんどです。

その期待通りにならないから悩むわけで、そもそも期待なんかしなければ済む話です。

 

期待は相手を縛り付ける行為

人は期待をするとき、相手を条件付きで見ています。

また、自分が望む像との比較で相手を見ています。

それはつまり、そのままの相手を受け入れていないということです。

 

そして相手をそう見ているということは、自分に対しても同じように見ています。

自分を正しく理解して欲しい=自分は他人に認められなければならない

といった具合です。

逆に言えば、自分を縛り付けているから他人を縛り付けてしまうということです。

 

存在自体を受け入れる

そうは言っても、期待をしないなんて悲しいではないかと思いませんか。

期待をしない・されないことを悲しいと感じてしまう人は、自分や他人を行為のレベルで受け入れています。

これだけのことをしたから素晴らしいという風に評価しているのです。

だからこそ、「○○でなければならない」といった固定観念が生まれるのです。

 

考え方を変えて「何をしていても存在すること自体」を認めてしまったらどうでしょうか。

ただ座っていても良いし、人のためになることをしても良い。

悲しんでも良いし、ストレスを感じても良いし、落ち込んでも良い。

どんなときも無条件に存在していることを受け入れるのです。

 

それができると行為によって優劣を付けることが無意味だということが分かります。

なぜなら私の存在を認めるということは、私を成り立たせている宇宙全てを認めているということであり、認められないものが存在しなくなるからです。

自然と期待もしなくなります。

こうあるべきという固定観念も消え去ります。

また、自分の価値を肯定するために行為をするということもなくなります。

 

おわりに

大乗仏教では、「あなたはすでに仏である」と考えます。

僕は仏教徒ではないので表現を変えると、「あなたは常に自由であり幸福です」となります。

 

他人の承認を人生の軸にして生きてきた人からすると抵抗があるかもしれませんが、自分を承認してくれない人に対しても存在自体を受け入れましょう。

それだけで人生は大きく変わります。